本文へスキップ

未来の子どもたちのために時代の流れを継承しませんか 一般社団法人高知県古民家再生協会

古民家とはWhat is the Kominka

古民家の定義

 古民家というのはどういうものなのか、古い日本の伝統的な建築工法で建てられた建物というのは何となく想像できると思いますが、具体的な定義というものは実はありません。
国の文化財登録制度というものでは、登録することのできるものは建てられてから50年以上経った建築物が対象になっています。

 古民家に使われている古材も、一般的には、築50年以上経った建物から取り出された材とされていますから、そこから推測すると50年以上経った建物を古民家と呼んでいいのではないでしょうか。 また、古民家は全体を再生して建て直されることもあり、古民家を解体したり、昔の木材を使用して建てられた古民家風のものや構造をしたものも古民家と呼ぶ場合もあるようです。

古民家の魅力

 古民家には、農村民家・町民民家・武家民家・庄屋屋敷などいろいろなタイプがありますが、それぞれの生活習慣を感じられる味わい深いいい住宅が全国でまだまだたくさん残っています。
長い歴史を経た古民家には太い梁や大黒柱などは黒光りしていて重厚で風格ある古材が沢山残っており、価値の高い文化財だと思います。

 古民家の魅力のひとつに藁ぶきの屋根があります。大きく張り出した軒の出は夏の日差しを遮り、冬は建物の奥まで日の光を届ける大変合理的な日本の気候風土に合った構造になっています。これらの沢山の昔の人の知恵の結晶が古民家なのです。

 古民家に使われている古材には、ケヤキやサクラ、栗、ヒノキなど実に多様な樹木が使われています。地方によって使われる材が異なるのは全て地元で伐採された木材だからです。囲炉裏の煙でじっくり燻された古材は表面にススがつき大変味わい深い色になっていると共に防虫の効果があるともいわれています。

 一般に、鉄やプラスチックなどの材料は、新しい時が一番強く古くなるにつれて弱くなってしまいますが、逆に木材は、時間とともにどんどん強度を増していきます。樹齢100年のヒノキの場合、伐採されてから100年後に最も引っ張り強度・圧縮強度が増しているとの研究報告があります。木材の強度は 200年〜300年は変わらないといわれています。木材の強度が落ちるのは800年〜1200年ほどという途方もない未来の話なのです。古民家は最近の住宅とは比較にならないぐらい良質な木材が贅沢に使われた耐久年数の長い住宅なのです。

古材とは

 古材とは、築50年以上前に建てられた民家から取り出された木材です。

なぜ50年なのか・・・。

 戦前の日本では、その地で採られた良質の木材が建築に使われてきました。
 しかし、戦後の建設ブームで国外の木材が多く使われるようになってしまいました。
 現在でもまた、強制乾燥材や集成材が多く使われ、長い時間を掛けて自然乾燥した国産の木材はほとんど使わなくなってしまったのです。
 その為、「古材は、昭和25年以前に建てられた建築物に用いられた木材」というラインを定めした。
 すなわち、「古材」とは昭和25年以前に建てられた民家に用いられた木材、もしくは築50年以上前に建てられた民家に用いられていた木材と定義しております。

古材写真1 古材写真2

古材を使うメリット

(1)新材よりも強度があります。

 古材は、長い時間をかけて自然乾燥をしていき強度を増していく「天然乾燥材」です。
 樹齢100年の桧の場合は伐採されてから100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しており、その後は緩やかに強度が減少し、300年を経過すねと伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果があります。
 現在広く使用されている「強制乾燥材」は、130度近くの高温で強制的に乾燥させた木材です。短時間で強度を上げられ、反りや割れなどがなくなり加工しやすい木材となりますが、樹脂まで染みだしてしまいパサパサになります。
 結果、木の弾力性や艶はなくなり、木材の行う呼吸(調湿効果)は減ってしまいます。耐久性も減ってしまい時が経つにつれ劣化します。実は、自然乾燥された「古材」は、新材より丈夫で長持ちであるとも言えるのです。

(2)経年変化の味わい

 古材には、いぶされて黒ずんだ肌、経年変化による傷や割れ、大工さんが刻んだノミの跡など、新しい木材では決して出せない風情や迫力があります。

(3)環境に優しい

 まず、家の解体の際の廃棄物を減らすことができます。そして、新築やリフォームなどに積極的に古材を活用することにより、資源環境型の社会に貢献します。

古材と環境「4R」

 地球環境保護のため、我が国においても2000年に制定された環境型社会形成推進基本法で

Reduce(リデュース)-廃棄物の発生抑制

Reuse(リユース)-使用済み商品などの適正な再利用

Recycle(リサイクル)-最終的な資源再生

 という「3R」が詠われ、重要な施策として建築業界では「建設リサイクル法」などが制定され産業廃棄物の適正化が図られています。
そして、新提案として「3R」にもう一つ、Refine(リファイン)を加え、「4R」にしたいと考えます。

(1)リデュース

 最も重要視されるリデュースにおいては、まだ使用できる古民家などの伝統的建物を解体・廃棄しないで再活用可能な建物であることを広く一般のみなさまへ提唱しております。

(2)リユース

 どうしも解体を行わざるを得ない場合、出来るだけ形状を変えない形で構造木材=古材の再活用を提案しています。

(3)リサイクル

 形状を変える場合のリサイクルにおいても木材の特性を活かした提案を行っています。

(4)リファイン

 リファインとは、「洗練された」という意味を持ち、従来のリサイクルやリユースにデザイン性や質感やセンスをプラスしていきます。

 この「4R」を考えた、高いレベルで顧客満足の向上を目指して活動して参りますので、今後ともご期待いただけますようにお願い申し上げます。





古民家鑑定とは

 古民家鑑定とは、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会が認定する古民家鑑定士が、築50年以上の古民家を独自の調査項目により目視鑑定するものです。


古民家鑑定お申込み

古民家鑑定お申込み
 お問い合わせフォームもしくは直接TEL 088-855-4397へご連絡下さい。


一般社団法人高知県古民家再生協会

〒781-0112
高知県高知市仁井田4306番地1

TEL 088-855-4397